セクキャバ求人に応募してくる子の懐事情

借金返済の為に働くセクキャバ嬢

借金返済のためにセクキャバ嬢デビューする子が多いセクキャバの仕事には、求人広告を見ただけではわかりにくいメリット・デメリットがあります。
セクキャバの求人広告を見ると時給5,000円以上、日給35,000円以上などと稼げる金額が高額なことがわかると思います。
広告を見て応募をしてくる女の子は、多いわけではないですが、求人広告で謳っている金額のみに魅せられて応募してくる女性も少なくありません。

一体彼女たちは稼いだお金を何に使っているのでしょうか?
私が一番多く聞くのは、やはり借金を返すためにセクキャバで働いているということです。
理由は様々ですが、好きなホストをランクインさせるために、多額の売掛金を溜めてしまった子もいました。
他には、入学金や年間の学費を返すためや、エステのローンが支払えなくなってしまったため、などなど。
やはり普通の仕事をしていてもらえるお給料では返済額に全然追いつかないような経済状況の人は、腹をくくってセクキャバ業界に飛び込んでくるようです。

しかし、彼女たちの場合、せっかくセクキャバで稼いだ大金を返済にしか使うことができません。
逆にいうと、大金を稼いでも自分で使うことができないということです。
そのジレンマから精神的に追い詰められる人もいます。
そうなると負のスパイラルに陥りやすく、さらに借金を増やしてしまう場合もあります。
せっかく稼いだ大金を自分でも使いたいと思うのが自然でしょう。
精神的不安を解消するために散財に継ぐ散財で、返済のためのお金にまで、手を出してしまうみたいです。

元々あった金銭面的でマイナスの状況に加えて、更にマイナスな精神状態では、セクキャバで長く働き続けることも難しくなってきます。
借金返済のために働く子は気持ちでは割り切っているとはいえ、お金さえあれば、そもそも水商売や風俗で働くことはないでしょう。
そういった状況に陥る前に、今一度まず借金をしないような生活をするように考えてみて下さい。

目的の手段としてセクキャバを選ぶ女性

夢の資金ためには効率のいいバイト中には借金返済ではなく、お金を貯めたいからセクキャバの求人に応募をしてきた女性もいます。

よくある話かもしれませんが、ネイルサロンのお店を出したいという子が職場にいましたが、彼女は「このくらいの期間でこのくらいの貯金をするまで頑張る」と目標を持って、きっちりその期間で目標額を貯金してこの業界をあがって行きました。

目的を持ってセクキャバで働いていたその子は、モチベーションが高かったのでしょう。
しっかり営業をしてお客さんの指名も多く取っていました。
目的を持って働けばセクキャバはしっかりした金額が稼げる仕事であり、女性にとってもお店にとってもウィンウィンの関係で良い手段だと思います。
こういった女性はしっかりしていて賢いと思います。

キャバ嬢を経て、セクキャバ嬢に。次はどうする?

借金返済のために働く女性、貯蓄のために働く女性、浪費生活がやめられないからセクキャバで働く女性…。
セクキャバで働く女性のお金の近い道は様々です。
私もキャバクラに始まり、セクキャバと、この業界が長いので偉そうなことはいえません。
そもそも私が水商売を始めたきっかけは、就職氷河期の時で、どこの会社にも就職できなかったために、日々のお金を稼ぐ手段として水商売を始めてしいました。
今ではどっぷりこの業界に浸かってしまいました。

私は今まで多額の借金をしたことはなかったですが、普通のOLでは稼げない位の金額を貰えるようになった当初は、かなり浪費が激しかった記憶があります。
キャバクラを何年もやってきて、華やかな夜の世界を知ってしまったせいか、一般の会社に就職したいという気持ちも段々薄れてしまったように思います。
しかし最初は稼げていたキャバクラも次第に稼げなくなってきて、今では高収入の求人サイトを見てセクキャバ嬢に転身しました。
しかし、自分ももうすぐ30代になってしまうし、いつまでもこの仕事を続けることは厳しいと思っています。

なので、今ではセクキャバで稼いだお金は、将来の目標の為に貯蓄をするようになりました。
水商売しか知らない自分がこの先生きていくにはやはり夜の生活しかないと思っています。
ゆくゆくはスナックやBARみたいなお酒を出せるお店を出したいと考えています。
そのために今はセクキャバの仕事をひたすら頑張っている日々です。