セクキャバ求人のウソを見抜く方法

求人広告の情報をそのまま見てはいけない

求人広告のウソを見抜く方法とは?今までのセクキャバで働くメリットやデメリット、注意点など、経験則をふまえていろいろ投稿してきましたが、いかがでしょう?
セクキャバ嬢の仕事に興味をもってくれたかな?
実際にセクキャバで働いてみようと思ってくれた人のために、求人広告をどう探したら良いのかを今回はお伝えしていきましょう。

スマホやPCでセクキャバの求人広告を探してみると、ものすごく多くの求人サイトがヒットすると思います。
一つのサイトでも、お店の求人広告がたくさん有りすぎて「どのお店で働いたら良いのかがわからない」「どのお店の求人も同じに見える」「誇大広告のような気がする」などと疑問に思った人もいると思います。
その場合、求人広告以外からお店の実際の内容を探ってみると良いかもしれません。

セクキャバに限らず、ほとんどの求人広告は、主体としては働いて欲しい人に向けて作られています。
しかし、その反面、他の求人広告と差をつけようと真実を隠して耳触りの良い言葉を並べているお店がいるのも事実です。
「どこまで本当の事なのだろうか?」と疑問に思うようであれば、求人広告だけを見て判断せずに、男性向けの営業用サイトを見てみることをお薦めします。
これはお店の自社サイトでも風俗情報サイトでもかまいません。

男性用の営業サイトでは「料金コース」や「女性がどのようなサービスをしてくれるのか」「女性の顔出しの有無」などがわかります。
そこから、お客さんがお店にいくらの料金を支払い、その金額の中から自分にいくらが収入になるのかを想像できます。
また、男性にするサービスはどんなことをするのか、顔出しがあるのか、など女性向けの求人サイトと男性向けの営業サイトで情報に相違がないかが見えてくると思います。
そこで内容に大きくギャップがあるようなお店は、求人広告を誇大している可能性があると思ってよいでしょう。

ちなみにこれは、他のお仕事やバイトを探すときでも使えますよ!
例えば飲食店のバイトを探していて、バイト情報には「活気ある店内」とか「和気あいあいのスタッフ」と記載されているとしましょう。
この場合だと、「食べログ」や「ぐるナビ」などのグルメサイトのそのお店のページから利用者の評価やコメントを探してみてください。
そこに「料理がでてくるのが遅い」とか「店員の態度が悪い」などと投稿されていたら、バイト情報とは違うことが記載されていると思うでしょう。

サービスを提供する側と受ける側のどちらの情報も知っておくことで、働きやすいお店かどうかの判断する基準になるはずです。

お店の対応する態度でウソを見抜け!

ここまで、求人広告を見るポイントはお話しましたが、求人広告には書いていない事で、自分が実際に働く時に少しでも気になる事があれば直接お店に聞くことも一つの手段です。
それは面接時でも、電話やメールで問い合せても大丈夫です。

例えば、先の話で上げたようなお肌のケア用品が常備してあるのか? 求人広告には送迎有りと書いてあるのだけど、自分の家がちょっと遠かった場合はどこまでが送迎の対象になるのか? お給料の前借りは出来るのか? 寮有りと書いてある場合、入寮するのには条件があるのかなどなど。
求人広告では詳細を書いていない事でも、お店に相談してもきちんと説明してくれるお店であればそのお店への信頼も高まります。

いい条件ばかりの広告は疑ってかかるべき逆に疑問に思うことを少しでも的確に答えられない、濁されてしまう等といった場合のお店は怪しいと思ったほうがいいでしょう。
ドライないい方かもしれませんが、セクキャバのお店にとって売上げの主体になる女性は人材である以上に商品の意味合いが強いです。
商品をきちんと管理できないお店は、お客さんにとっても良いお店であるわけがないと思いませんか?

稼げるお店というのは、お客さんにとっても、そこで働く女性にとっても信用のある店だと私は思います。
少しでも気になる事があったらお店に相談して反応をみてみましょう。
私が今働いているお店は働く前にも納得のいくまで答えてくれましたし、求人広告の内容とギャップもなかったので、私は働き続けられています。

初めてセクキャバで働こうと思っている人は、いろいろと不安もあって、質問できないと思う人がいるかもしれません。
でも、働きだしてから後悔する前に、勇気をだして質問しましょう!!
ほとんどのお店は親切、丁寧に返答してくれますよ。