セクキャバでより稼ぐためのテクニック

駆け引きが上手なセクキャバ嬢になるには

人気のセクキャバ嬢はお給料も桁違い!セクキャバはキャバクラに比べて、女の子の給料に差がつきにくい仕事です。
しかし、やはりそれでも人気のあるセクキャバ嬢には人気がでるだけの理由があり、実際に売れっ子セクキャバ嬢は貰えるお給料も、求人広告に書いてある金額をはるかに超える高収入を手に入れています。

売れっ子セクキャバ嬢になるためには、兎にも角にもお客さんとの距離感を上手に取ることにあると私は思います。
距離感と一言でいっても難しいと思いますが、要は接客の際に自分がどういった位置でお客さんに接客をするのかです。
接客においても物理的な距離と心理的な距離感は大きく関係していると思います。

イメージしてみてください。
あなたが自分の好みのタイプじゃない、お客さんを接客することになったとしましょう。
その時、あなたはどうしますか?
どうせ、セクシータイム目的なんだからと、お客さんがしゃべりかけてきても、適当にあしらって、よそよそしい態度をとっていませんか?

心理的な距離感を縮めようと、あなたに近づいてきたかもしれないのに、あなたのとった態度でお客さんは不快に思うかもしれません。
そうなると次の来店は望めないでしょう。

愛想のよい態度はとれなくても、そうならないために、物理的な距離感を縮めて接客してみましょう。
お客さんに与える心理的な距離はグッと縮まって、あなたを魅力的な女性だと意識するようになるかもしれません。

なぜ、そう思うようになるのかというと、人の深層心理に関係しています。
セクキャバのような接客をする場では、相手との距離を45センチ以内に置くとよいといわれています。
見ず知らずの他人がこの45センチ以内に入ってくると、人間は圧迫感やストレスを感じてしまうそうです。
しかし、セクキャバはキャバクラのような疑似恋愛のもう少し上のサービスを楽しめる場所です。
そういう目的でセクキャバに来ている男性にとっての45センチという距離は、好意を強く感じる距離だといえるのです。

セクキャバは接客時間が短い分、男性の独占意欲をがっちりつかむためにはセクシータイム以外でもこういった親密な距離感を保つことが必要なのです。
私は、この物理的な距離と心理的な距離感を意識してセクキャバの仕事をしていますが、結構な確率で次の指名まで取りつけているので効果はあると思います。
これは恋愛でも当てはまることだと思うので、意識している男性がいる場合、試してみてください。

セクキャバは第一印象が最大の勝負所

第一印象でお客さんの心をつかむことが重要セクキャバの接客で距離感が大切だといいましたが、より相手に自分を売り込むためには、やはり会話や立ち振舞いのテクニックも必要だと思います。
これは、私がキャバクラ嬢だった経験からくるものでもあります。

しかし、セクキャバでは、会話に費やす時間はキャバクラに比べて圧倒的に短いです。
そのため、最初の印象と別れ際の印象がかなり大切なのです。
お客さんは第一印象であなたの事を「どんな女性か」ある程度予測すると思います。
なので、第一印象は特に良い印象を与えられるように意識をしてください。
誰だって出会い頭につまらなそうな顔をしている人と話をしたくないですし、その後の接客にも影響が出てくると思います。

次の来店チャンスを作るために必要なこと

また、第一印象と同様に去り際の印象も気をつけなくてはいけません。
男性はここに余韻を持たせることによって「あなたにまた会いたい」と感じるようになると思います。

「もっとあなたと話したかったのに残念です」「今日はとても楽しかった〜また会えるかな?」と嘘でもいいから、普通のカップルの別れ際のように恋人を演じてみてください。
お客さんがあなたと過ごした時間を、より魅力的に感じさせるよう相手の心の中に焼き付けて、良い印象のまま余韻を持って帰ってもらうことが大事なのです。

キャバクラ店で、お客さんと女の子の会話が盛り上がっている最中に、テーブルチェンジを持ちかけることがあります。
これはお客さんを100%満足させる前に「この女性にまた会いたい」といった余韻を持たせるためにしているそうです。

このように男性心理を見抜ける女性は、指名をどんどん増やして、売れっ子セクキャバ嬢になっていきます。
そうなると、ふつうに働いているだけでも高時給なのに、さらに稼ぐことができるようになります。
距離感と余韻、この2点で男性心理をうまくコントロールできればセクキャバで稼げる金額も飛躍的にアップすると思いますよ。