セクキャバ求人のウソを見抜く方法

求人広告の情報をそのまま見てはいけない

求人広告のウソを見抜く方法とは?今までのセクキャバで働くメリットやデメリット、注意点など、経験則をふまえていろいろ投稿してきましたが、いかがでしょう?
セクキャバ嬢の仕事に興味をもってくれたかな?
実際にセクキャバで働いてみようと思ってくれた人のために、求人広告をどう探したら良いのかを今回はお伝えしていきましょう。

スマホやPCでセクキャバの求人広告を探してみると、ものすごく多くの求人サイトがヒットすると思います。
一つのサイトでも、お店の求人広告がたくさん有りすぎて「どのお店で働いたら良いのかがわからない」「どのお店の求人も同じに見える」「誇大広告のような気がする」などと疑問に思った人もいると思います。
その場合、求人広告以外からお店の実際の内容を探ってみると良いかもしれません。

セクキャバに限らず、ほとんどの求人広告は、主体としては働いて欲しい人に向けて作られています。
しかし、その反面、他の求人広告と差をつけようと真実を隠して耳触りの良い言葉を並べているお店がいるのも事実です。
「どこまで本当の事なのだろうか?」と疑問に思うようであれば、求人広告だけを見て判断せずに、男性向けの営業用サイトを見てみることをお薦めします。
これはお店の自社サイトでも風俗情報サイトでもかまいません。

男性用の営業サイトでは「料金コース」や「女性がどのようなサービスをしてくれるのか」「女性の顔出しの有無」などがわかります。
そこから、お客さんがお店にいくらの料金を支払い、その金額の中から自分にいくらが収入になるのかを想像できます。
また、男性にするサービスはどんなことをするのか、顔出しがあるのか、など女性向けの求人サイトと男性向けの営業サイトで情報に相違がないかが見えてくると思います。
そこで内容に大きくギャップがあるようなお店は、求人広告を誇大している可能性があると思ってよいでしょう。

ちなみにこれは、他のお仕事やバイトを探すときでも使えますよ!
例えば飲食店のバイトを探していて、バイト情報には「活気ある店内」とか「和気あいあいのスタッフ」と記載されているとしましょう。
この場合だと、「食べログ」や「ぐるナビ」などのグルメサイトのそのお店のページから利用者の評価やコメントを探してみてください。
そこに「料理がでてくるのが遅い」とか「店員の態度が悪い」などと投稿されていたら、バイト情報とは違うことが記載されていると思うでしょう。

サービスを提供する側と受ける側のどちらの情報も知っておくことで、働きやすいお店かどうかの判断する基準になるはずです。

お店の対応する態度でウソを見抜け!

ここまで、求人広告を見るポイントはお話しましたが、求人広告には書いていない事で、自分が実際に働く時に少しでも気になる事があれば直接お店に聞くことも一つの手段です。
それは面接時でも、電話やメールで問い合せても大丈夫です。

例えば、先の話で上げたようなお肌のケア用品が常備してあるのか? 求人広告には送迎有りと書いてあるのだけど、自分の家がちょっと遠かった場合はどこまでが送迎の対象になるのか? お給料の前借りは出来るのか? 寮有りと書いてある場合、入寮するのには条件があるのかなどなど。
求人広告では詳細を書いていない事でも、お店に相談してもきちんと説明してくれるお店であればそのお店への信頼も高まります。

いい条件ばかりの広告は疑ってかかるべき逆に疑問に思うことを少しでも的確に答えられない、濁されてしまう等といった場合のお店は怪しいと思ったほうがいいでしょう。
ドライないい方かもしれませんが、セクキャバのお店にとって売上げの主体になる女性は人材である以上に商品の意味合いが強いです。
商品をきちんと管理できないお店は、お客さんにとっても良いお店であるわけがないと思いませんか?

稼げるお店というのは、お客さんにとっても、そこで働く女性にとっても信用のある店だと私は思います。
少しでも気になる事があったらお店に相談して反応をみてみましょう。
私が今働いているお店は働く前にも納得のいくまで答えてくれましたし、求人広告の内容とギャップもなかったので、私は働き続けられています。

初めてセクキャバで働こうと思っている人は、いろいろと不安もあって、質問できないと思う人がいるかもしれません。
でも、働きだしてから後悔する前に、勇気をだして質問しましょう!!
ほとんどのお店は親切、丁寧に返答してくれますよ。

セクキャバでより稼ぐためのテクニック

駆け引きが上手なセクキャバ嬢になるには

人気のセクキャバ嬢はお給料も桁違い!セクキャバはキャバクラに比べて、女の子の給料に差がつきにくい仕事です。
しかし、やはりそれでも人気のあるセクキャバ嬢には人気がでるだけの理由があり、実際に売れっ子セクキャバ嬢は貰えるお給料も、求人広告に書いてある金額をはるかに超える高収入を手に入れています。

売れっ子セクキャバ嬢になるためには、兎にも角にもお客さんとの距離感を上手に取ることにあると私は思います。
距離感と一言でいっても難しいと思いますが、要は接客の際に自分がどういった位置でお客さんに接客をするのかです。
接客においても物理的な距離と心理的な距離感は大きく関係していると思います。

イメージしてみてください。
あなたが自分の好みのタイプじゃない、お客さんを接客することになったとしましょう。
その時、あなたはどうしますか?
どうせ、セクシータイム目的なんだからと、お客さんがしゃべりかけてきても、適当にあしらって、よそよそしい態度をとっていませんか?

心理的な距離感を縮めようと、あなたに近づいてきたかもしれないのに、あなたのとった態度でお客さんは不快に思うかもしれません。
そうなると次の来店は望めないでしょう。

愛想のよい態度はとれなくても、そうならないために、物理的な距離感を縮めて接客してみましょう。
お客さんに与える心理的な距離はグッと縮まって、あなたを魅力的な女性だと意識するようになるかもしれません。

なぜ、そう思うようになるのかというと、人の深層心理に関係しています。
セクキャバのような接客をする場では、相手との距離を45センチ以内に置くとよいといわれています。
見ず知らずの他人がこの45センチ以内に入ってくると、人間は圧迫感やストレスを感じてしまうそうです。
しかし、セクキャバはキャバクラのような疑似恋愛のもう少し上のサービスを楽しめる場所です。
そういう目的でセクキャバに来ている男性にとっての45センチという距離は、好意を強く感じる距離だといえるのです。

セクキャバは接客時間が短い分、男性の独占意欲をがっちりつかむためにはセクシータイム以外でもこういった親密な距離感を保つことが必要なのです。
私は、この物理的な距離と心理的な距離感を意識してセクキャバの仕事をしていますが、結構な確率で次の指名まで取りつけているので効果はあると思います。
これは恋愛でも当てはまることだと思うので、意識している男性がいる場合、試してみてください。

セクキャバは第一印象が最大の勝負所

第一印象でお客さんの心をつかむことが重要セクキャバの接客で距離感が大切だといいましたが、より相手に自分を売り込むためには、やはり会話や立ち振舞いのテクニックも必要だと思います。
これは、私がキャバクラ嬢だった経験からくるものでもあります。

しかし、セクキャバでは、会話に費やす時間はキャバクラに比べて圧倒的に短いです。
そのため、最初の印象と別れ際の印象がかなり大切なのです。
お客さんは第一印象であなたの事を「どんな女性か」ある程度予測すると思います。
なので、第一印象は特に良い印象を与えられるように意識をしてください。
誰だって出会い頭につまらなそうな顔をしている人と話をしたくないですし、その後の接客にも影響が出てくると思います。

次の来店チャンスを作るために必要なこと

また、第一印象と同様に去り際の印象も気をつけなくてはいけません。
男性はここに余韻を持たせることによって「あなたにまた会いたい」と感じるようになると思います。

「もっとあなたと話したかったのに残念です」「今日はとても楽しかった〜また会えるかな?」と嘘でもいいから、普通のカップルの別れ際のように恋人を演じてみてください。
お客さんがあなたと過ごした時間を、より魅力的に感じさせるよう相手の心の中に焼き付けて、良い印象のまま余韻を持って帰ってもらうことが大事なのです。

キャバクラ店で、お客さんと女の子の会話が盛り上がっている最中に、テーブルチェンジを持ちかけることがあります。
これはお客さんを100%満足させる前に「この女性にまた会いたい」といった余韻を持たせるためにしているそうです。

このように男性心理を見抜ける女性は、指名をどんどん増やして、売れっ子セクキャバ嬢になっていきます。
そうなると、ふつうに働いているだけでも高時給なのに、さらに稼ぐことができるようになります。
距離感と余韻、この2点で男性心理をうまくコントロールできればセクキャバで稼げる金額も飛躍的にアップすると思いますよ。

セクキャバ嬢が取り入れるメンテナンス術

セクキャバの仕事は体力勝負なのです

健康な体が高収入を生むセクキャバのお仕事はキャバクラに比べて稼げる金額が大きい分、仕事内容も少しハードになります。
高収入求人サイトなどで掲載されているセクキャバの求人広告には、イメージが悪くなるので、仕事内容について具体的に書いていないことが多いです。
セクキャバの仕事はどうしてもお客さんとキスしたり、胸をタッチされたりする行為が当たり前のサービスとして提供されているので、セクキャバで働く子はみんな体を張らなくてはいけないのです。
しかも、出勤する日数が多ければ多いほどその機会は増えていくわけで、さらに人気嬢になればなるほど接客回数も接客時間もそれに比例して増えていきます。

お金はたくさん稼げるけれど、やっぱり体が資本のお仕事でもあるので、セクキャバで働くなら自分の体調管理はよりしっかり意識していないといけないと私は思っています。

例えば、体が弱っていると抵抗力も落ちてしまうので、お客さんとのキスから風邪が移っちゃった、なんてことはよくあります。
問題なのは、風邪を引いたことではなく、他の客に移さないようにとお店から出勤停止を言い渡されるなんてことなのです。
出勤停止の間は無給状態なわけなので、セクキャバ嬢にとってはとんでもない死活問題なのです!

基本的にお客さんには入店時にうがい薬などで殺菌はしてもらいますが、それは気休め程度にしかなりません。
そもそも、私がお客さんの立場なら、風邪を引いていたら、お店になんて行かないと思いますけどね(苦笑)。
まあ、接待や友達付き合いで、しょうがなくなんてケースもあるのでしょう。

とにかくセクキャバの仕事はある意味、肉体労働だと私は思っているので、普段から栄養が偏らないように食事をしているし、適度の運動をするなどしています。
セクキャバで働こうと思っている子は、日頃の健康管理は自分のお給料も守ることに繋がるという意識をもって、生活をおくって下さいね。

肌荒れ対策はやりすぎるぐらいがちょうどいい!

繰り返しになってしまいますが、セクキャバの仕事は男性と接触のある仕事なのはご承知の通りです。
そんなに強い力で体をタッチされるわけではないですが、やはり一日に何回も男性に体を触られてしまうと、摩擦で肌は少しずつ傷んでしまいます。

接客が終わってバックヤードに戻るとその度ごとに体を清潔にするためにボディーシートなどで肌を拭いたりもします。
そうなると肌の皮脂が落とされてしまい、乾燥してしまいます。
何のケアもしないで、ヒリヒリした肌を触られ続けるなんて、遠慮したいところですよね。

お店によっては、そういう点を気にして保湿クリームなどケア用品を用意している所もあるので、面接の際にそれとなく質問してみると良いと思います。
そういった備品がお店に無ければ、自分で用意するしかありません。
待機時間や家でこまめにボディクリームなどを塗って肌を保湿する事が大切です。

また肌ケアに加えて、水分補給も忘れずにしてください。
身体に十分な水分が行き渡ってなければ、いくら肌を気にしていても意味がなくなります。
ミネラルウォーターなどで、しっかりと水分補給をすることを心がけてください。
お酒は逆に水分を奪ってしまうので、ご注意を!!
綺麗でいるためにも、痛い思いをしないためにも、しっかりと肌荒れ対策はしたほうが自分の為にもなると思います。

睡眠不足にも気をつけましょう

睡眠時間は肌の修復時間最近は昼キャバといって、お昼に営業しているお店もあるようですが、基本的にセクキャバのお仕事は夜の時間に働くことがほとんどと思ってください。
営業時間や勤務時間について気になる人は、求人広告を見てしっかりと確認しましょう。

ここで問題になるのは、生活のリズムが不規則になって、睡眠不足になりがちということです。
お店の仲良い女の子たちと仕事終わりでご飯がてら、呑みに行ってしまい朝方に帰宅なんてことが私もよくあります。
さらに家に帰って、お風呂に入って、スマホをイジって…なんてしていると、あっという間に時間が過ぎてどんどん睡眠時間が削られてしまいます。

お肌のメカニズムについて解説しているサイトで、睡眠中にダメージを受けた肌を修復してくれるホルモンが多く分泌されると書かれてありました。
短い時間でも眠りが深ければホルモンの分泌量は増えるそうが、そうできる人は特殊な体質だと思います。
常人は肌を修復するためにも、しっかりと睡眠時間を確保するしかないようです。
また、眠りにつくまでの環境も大切なようです。
寝る前に刺激を受けるような、例えばテレビを見たり、ゲームをしたり、スマホをイジったりといったことは脳の交感神経を刺激してしい、寝付きが悪くなるそうなのでご注意を!?

いろいろ、いわせてもらいましたが、セクキャバは体が資本で自分自身が商品です。
自分をいたわってあげる事が結局高収入に繋がると考えれば、ちょっとは意識が変わりませんか?

セクキャバ求人に応募してくる子の懐事情

借金返済の為に働くセクキャバ嬢

借金返済のためにセクキャバ嬢デビューする子が多いセクキャバの仕事には、求人広告を見ただけではわかりにくいメリット・デメリットがあります。
セクキャバの求人広告を見ると時給5,000円以上、日給35,000円以上などと稼げる金額が高額なことがわかると思います。
広告を見て応募をしてくる女の子は、多いわけではないですが、求人広告で謳っている金額のみに魅せられて応募してくる女性も少なくありません。

一体彼女たちは稼いだお金を何に使っているのでしょうか?
私が一番多く聞くのは、やはり借金を返すためにセクキャバで働いているということです。
理由は様々ですが、好きなホストをランクインさせるために、多額の売掛金を溜めてしまった子もいました。
他には、入学金や年間の学費を返すためや、エステのローンが支払えなくなってしまったため、などなど。
やはり普通の仕事をしていてもらえるお給料では返済額に全然追いつかないような経済状況の人は、腹をくくってセクキャバ業界に飛び込んでくるようです。

しかし、彼女たちの場合、せっかくセクキャバで稼いだ大金を返済にしか使うことができません。
逆にいうと、大金を稼いでも自分で使うことができないということです。
そのジレンマから精神的に追い詰められる人もいます。
そうなると負のスパイラルに陥りやすく、さらに借金を増やしてしまう場合もあります。
せっかく稼いだ大金を自分でも使いたいと思うのが自然でしょう。
精神的不安を解消するために散財に継ぐ散財で、返済のためのお金にまで、手を出してしまうみたいです。

元々あった金銭面的でマイナスの状況に加えて、更にマイナスな精神状態では、セクキャバで長く働き続けることも難しくなってきます。
借金返済のために働く子は気持ちでは割り切っているとはいえ、お金さえあれば、そもそも水商売や風俗で働くことはないでしょう。
そういった状況に陥る前に、今一度まず借金をしないような生活をするように考えてみて下さい。

目的の手段としてセクキャバを選ぶ女性

夢の資金ためには効率のいいバイト中には借金返済ではなく、お金を貯めたいからセクキャバの求人に応募をしてきた女性もいます。

よくある話かもしれませんが、ネイルサロンのお店を出したいという子が職場にいましたが、彼女は「このくらいの期間でこのくらいの貯金をするまで頑張る」と目標を持って、きっちりその期間で目標額を貯金してこの業界をあがって行きました。

目的を持ってセクキャバで働いていたその子は、モチベーションが高かったのでしょう。
しっかり営業をしてお客さんの指名も多く取っていました。
目的を持って働けばセクキャバはしっかりした金額が稼げる仕事であり、女性にとってもお店にとってもウィンウィンの関係で良い手段だと思います。
こういった女性はしっかりしていて賢いと思います。

キャバ嬢を経て、セクキャバ嬢に。次はどうする?

借金返済のために働く女性、貯蓄のために働く女性、浪費生活がやめられないからセクキャバで働く女性…。
セクキャバで働く女性のお金の近い道は様々です。
私もキャバクラに始まり、セクキャバと、この業界が長いので偉そうなことはいえません。
そもそも私が水商売を始めたきっかけは、就職氷河期の時で、どこの会社にも就職できなかったために、日々のお金を稼ぐ手段として水商売を始めてしいました。
今ではどっぷりこの業界に浸かってしまいました。

私は今まで多額の借金をしたことはなかったですが、普通のOLでは稼げない位の金額を貰えるようになった当初は、かなり浪費が激しかった記憶があります。
キャバクラを何年もやってきて、華やかな夜の世界を知ってしまったせいか、一般の会社に就職したいという気持ちも段々薄れてしまったように思います。
しかし最初は稼げていたキャバクラも次第に稼げなくなってきて、今では高収入の求人サイトを見てセクキャバ嬢に転身しました。
しかし、自分ももうすぐ30代になってしまうし、いつまでもこの仕事を続けることは厳しいと思っています。

なので、今ではセクキャバで稼いだお金は、将来の目標の為に貯蓄をするようになりました。
水商売しか知らない自分がこの先生きていくにはやはり夜の生活しかないと思っています。
ゆくゆくはスナックやBARみたいなお酒を出せるお店を出したいと考えています。
そのために今はセクキャバの仕事をひたすら頑張っている日々です。

誰にもバレずにセクキャバで働けるの?

セクキャバで働く最大の弱点「彼氏バレ」

セクキャバ嬢の死活問題、彼氏バレ「お金の為」と割り切っているとはいえ、彼氏を持つ多くのセクキャバで働く女性は「絶対にセクキャバで働いていることはバレたくない」と考えていると思います。
私も、そのセクキャバ嬢の中の一人ですし。
特に、地元が同じで、昔から知っている間柄の彼氏がいたりなんかしたら、セクキャバで働いているなんて、死んでもバレてはいけない事実だと思います。

お店によっては、そういった身元バレのリスクを考えて、求人広告の待遇に親バレ・彼氏バレをしないように「アリバイ対策万全」と書いているお店もあります。
でも、セクキャバは働く時間帯がどうしても夜になってしまうので、一般の企業で働いているというような、ごまかし方はできません。
なので、「深夜営業をしている飲食店」や「通販のコールセンター」などで働いているという風にお店が対策してくれたりします。
徹底しているお店だと、アリバイ対策専門の業者と契約しているなんてお店もよくあります。
ここまで詳しい内容は求人広告からではわからないと思うので、面接などでどのような「アリバイ対策」があるのかを事前に聞いておくといいと思います。

アリバイ以外に気をつけるのは、お店からの出勤確認の業務連絡などです。
スマホや携帯は身近にあるものなので、彼氏が見ていた時に、とっさにうまい言い訳なんてできません。
下手な言い訳で、根も葉もない浮気を疑われるなんて、さらに悪いケースに発展することだってありえます。

やはり、履歴が残らないようにこまめに履歴の削除はしていないといけません。
メールでの連絡のやりとりはしないようするとか、毎日定時にこちら側から連絡するというような、予めお店と取り決めをしておくことで、対策はできると思います。

また、セクキャバのお仕事はお給料も普通の会社では稼げないような金額を稼げます。
気づかないうちに身の回りの物が高価になって、彼氏に怪しまれるようなこともあるようです。
財布・バック・アクセサリなどは特に注意が必要です。
彼氏に「こんな高そうなブランドのものをどうやって買えたのか?」って、普通の人なら考えるのが自然だと思いますので、頻繁にブランド物を買うような事も控えた方が彼氏バレしない対策になると思います。

セクキャバ嬢の彼氏は変な人?

彼氏に内緒にしたままセクキャバで働くことは、本当にいろんなことに注意をしないといけません。
しかし、同僚のセクキャバ嬢の中には、隠すのではなく、逆にセクキャバで働くことを予め彼氏に言って、働きだしたなんてツワモノが何人かいます。

その中の一人の子は同じ業界の人だと教えてくれました。
もちろんスタッフとキャストの恋愛はご法度なのですが、どうやら別のお店の人らしいのです。
でも、それは別として、セクキャバで他の男とキスしたり、体をタッチされたりすることを知っているのに、彼氏はよく嫉妬しないで付き合えるなあって思います。
やはり業界の人ってそういう部分が麻痺しちゃっているのかもしれませんね。

あとは、ヒモ状態の男と付き合っていた子もいました。
自分は働かずに女の子に稼がせているような典型的なヒモですよね。
当の本人たちが幸せならそれはそれで有りなのかなと思いますが、やはり不思議な関係だなぁって思ってしまいます。
私の性格として男性に貢ぐような事は絶対しませんが!

やはり彼氏がセクキャバに理解あるというのはお金が一番の理由なのでしょうか?
なんだかお金目当てで、付き合っているようで私はいい気がしないのですけども…。

セクキャバ嬢だって、恋がしたい

セクキャバ嬢だからといって恋心は止められないセクキャバは仕事と心の中では割りきっていても、彼氏に嘘をついていることで良心が痛み、不自然な態度から彼氏に問いつめられて、結局バレちゃったっていう子も多くいます。
連絡がとれなくなって、突然お店を辞めちゃう子はだいたいこのパターンが多いですね。

ならばと、お店に来ているお客さんと付き合うなんて子もいるって話を聞きますが、やっぱり最終的にはお店を辞めてほしいと言われるようです。

やはり女性は恋愛したい生き物なのですよね。
でも、お金も欲しい。
セクキャバ嬢と恋愛の両立はなかなか難しい関係ですね。
私も前カレと別けて2年が経ちますが、新しい彼氏はいつできるのやら。
トホホ……。

セクキャバ嬢の日常に起こる、あるある話

こんな客は嫌だ キス編

せめてうがいをするなど最低限の心配りはして欲しいですセクキャバという特殊なジャンルのお仕事故に、中にはこういうお客さん辛いな〜っていう男性客も少なからずいます。

まず、私が一番辛いと思うのは接客中の男性の口臭です。
キス行為自体は、私自身「仕事なのだから」と割りきってしまっているのですが、キス行為の時に気になるのがアルコールやニンニクなど強烈な臭いです。
臭いのする飲み物・食べ物を採った後に来店されるお客さんは、やはり仕事と割りきっていても厳しいものがあります。

お店でもアルコールは出していますし、あまりシラフで来られるお客さんはいません。
お酒を飲んだ後の二次会などで酔った勢いで来店してしまうのはわかるのですが、お酒と一緒に食べたニンニクの相乗効果といったら、結構キツイものがありますよ。
お客さんは酔っていて自分の臭いなどは気にもしてないでしょうが、働いている女性にとってはかなり厳しいものがあります。

あまり臭いの抑制にはなりませんが、私はミント系のタブレットを「お酒飲んだ後にこのタブレット食べるとさっぱりしますよ〜」などと言ってさりげなく食べてもらったりします。
それでも厳しいものは厳しいのですが…。

こんな客は嫌だ タッチ編

次は、体のタッチです。
大体のセクキャバ店では下半身を触らせる事はNGになっています。
時々、触ろうと手を出してくるお客さんもいます。
この場合はすぐさまスタッフに合図して注意してもらうか、もしくはすぐさまサービスを終了してお帰りいただきましょう。

逆に上半身のバストタッチはOKなのですが、たまに女性に慣れてないのか、力いっぱい胸を揉むお客さんがいます。
AVなどで力いっぱい揉むところを見て、女性にとって気持ちよい事なのか勘違いしているのでしょうか。
これが結構痛いのですよ…。

一日に何人も当たることはないのですが、やはり女の子だってデリケートに扱って欲しいもの。
私はタッチされる前に上目遣いで「優しくしてくださいね♪」というと、かなり効果てきめんで優しく接してくれたりしますよ。

とはいえ、みんながみんな接客しにくいようなお客さんばかりではありません。
セクキャバに来るお客さんはしっかりエチケットを守ってくれるお客さんがほとんどです。
私の印象としては、セクキャバのお店に来られる人は接待などで取引先の手前なのか大人しい人が多い印象です。
ノリが良くて楽しいお客さんもいるし、そういうお客さんが来た時は接客も楽しくできると思います。

フレンドリー感の強いセクキャバ嬢

仕事終わりに同僚のセクキャバ嬢達と飲み会なんてこともよくありますあと、セクキャバは、キャバクラに比べると働く女性同士があまりギスギスしていないと思います。
キャバクラではどうしても自分への指名取りをしなくてはいけない為に、お店の子同士は指名客を取り合うライバル関係になってしまいがちです。
表面上は普通にしていても裏で陰口を言われたり、「あの子は枕営業をしてお客を取っている」などと言いふらすようなイジメがあったりというのは日常茶飯的だったりしました。

セクキャバはそういった意味ではナンバー1にこだわったりするわけでもなく、サービスの内容にさえ問題なければ基本時給が高いので稼げる金額に差がつきにくく、言ってしまえばキャバクラほど必死にならなくてもある程度は稼げるので女の子同士の確執がないのだと思います。

セクキャバの求人サイトを見ても、「派閥・イジメなし」と謳っているお店も実際ありますし。
どんなに稼げるお店であっても人間関係が悪くて居心地が悪いようなお店だと、働くモチベーションも下がってしまいます。
私は、前のキャバクラではそういったお客さんの取り合いで人間関係に悩んだ事もありました。
しかし今のお店では、全くそういうこともなく、女の子同士で仕事上がりに呑みに行ったり、ご飯を食べに行ったりする仲良しの仲間もいるので、楽しく働けていますよ。

セクキャバは風俗とキャバクラの中間点

セクシータイムが足りない技術をカバーする

セクキャバは駆け引きいらず!? その秘密はセクシータイム前回、セクキャバもキャバクラも接客する際に、色恋の駆け引きが大事と書かせていただきました。
しかし、実のところ、セクキャバはキャバクラと駆け引きの違いがあると思いますか?
もちろん、キャバクラのように「この子と付き合ってみたい」、「この子とSEXしたい」と思って来店するお客さんもいるかもしれませんが、基本的にセクキャバのお仕事は疑似恋愛の更にちょっと先までを経験できるサービスを提供している特殊な業種です。

よく「風俗は魚屋さん、キャバクラは魚釣り」などと比喩される事があります。
単純に釣られてお店に並んだ魚を食べて味わいたい人は風俗に行くのでしょうし、魚=女性を釣るのが好きな人はキャバクラに行って釣る行為そのものを楽しむと考えると、セクキャバはその中間みたいな感じで、自分で釣って食べることが出できる釣り堀といったところでしょうか?

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、「風俗と同じ事はできない。でも、キャバクラでできない事はできる」といったどっちつかずな業種とも言えます。
でも、少しでも味を知っているのであればもっと食べたい!と思うのも人間の本能なのではないかと思います。
キスはできて体も触れるけど、全部を食べる事はできない。
こういったジレンマというか、あと一歩の所の男性心理をくすぐるのがセクキャバとキャバクラと駆け引きの違いなのだと思います。
その点から見るとキャバクラではキスやタッチはできないので、それを補うだけの高度なテクニックは必要になってきます。

セクキャバは集客を気にしなくてもいい

セクキャバは男性に体を触られたり、キス行為をしなくてはいけなかったり等、キャバクラではNGな事もしないといけません。
こういった前提はあるものの、仕事の内容としてはキャバクラのように時間外にお客さんに営業電話やメールをしたり、同伴のノルマやアフターのノルマなど、売上を上げなくてはいけなかったりというお店からのプレッシャーはあまり多くありません。
実際に、私が働いているセクキャバのお店もそういう事は言っていないですし、求人サイトを見ても「罰金・ノルマ無し」と書いてあるセクキャバ店が多く掲載してあります。

もちろん、セクキャバでも自分の指名を増やしていきたいのであれば、営業を頑張って指名分の売上を稼ぎたいという人には頑張ってもらえたらお店も嬉しいと思いますが、それをしなくても新規の客だけである程度の集客ができているお店が多いと思います。

セクキャバは比較的フリーで入るお客さんが多いためか、全体にまんべんなく女性が接客できるように一人あたりの接客時間は時間にして15分〜20程度になります。
セクシータイムを一度5分程度挟んだとしても、実際にお客さんに接客している時間は10〜15分程度です。
一人あたりの接客時間が短い分、会話の時間も限られるので、キャバクラのようにお客さんを繋ぎ止めないといけないといったプレッシャーは少ないのではないかと思います。
短い時間のセクシータイムさえ苦痛に思わずにこなしていけるのであれば、会話の苦手な人でもなんとかできるのではないかと思います。

時間外の営業に気を回さなくてもいい

セクキャバの時給はキャバクラの倍以上なんてことは当たり前ですまた、セクキャバ店の求人広告をいろいろ見てもわかるように、最低時給を設定しているお店が多いです。
最低時給というのは、仮に出勤している間に接客の機会がなくても1時間分の時給はお店が保証しているので、指名が入らないとお金が稼げないという事がありません。
実際に私が働いているお店でも、最低時給は3,000円以上になっています。
まんべんなく女性が接客できるようにお店としても上手に女性のつけ回しをしているので、何もせずに待機している状況というのは少ないとは思いますが、最低時給が保証されているというのは安心できる要素の一つだと思います。

指名料も全額女性にバックをしてくれるので、こういったオプションも合わせるとセクキャバは稼ぎやすくて働きやすい職業じゃないでしょうか。
私自身もキャバクラでの色恋営業に疲れてしまったり、売上を上げるために営業時間外にお客さんを呼ぶために努力したりする事の負担がなくなったおかげか、精神的な負担も少なくなったような気がします。

セクキャバで働くには何が必要?

セクキャバで働く上で避けられないセクシータイム

キャバクラ嬢はうまく接触をいなす能力も必要です細かい内容は前回、お伝えした通りですが、こうして私は、キャバクラの仕事を辞めて、今のセクキャバの店に移ったのです。

私の場合は、働くお店の業態を変えたことにより、キャバクラで働いていたときより稼げるようになったわけです。
しかし、そもそも水商売自体経験のない人にとっては最初からセクキャバ店の求人広告に応募することは、かなりハードルが高いのではないかと思います。
とはいえ、セクキャバの仕事は男の人と接触のある仕事ではありますが、基本的な接客の流れはキャバクラの仕事と通じる部分も多いと思います。

いわいる普通のセクキャバは常時男性のおさわりがOKなわけではなく、基本的には男性客の横に座りお酒の相手をしながらトークをします。
大まかに言ってしまうと、セクキャバの1人当たりの接客時間の接客内容は、全体の時間の1/3がセクシータイム(お店ではハッスルタイムともいいます)で、残りの2/3がトークの時間になると思って下さい。

1/3の時間といえど、セクキャバのお仕事では「男性に触られる時間」が必ず訪れます。
セクキャバの仕事を選んだ以上、このセクシータイムというのは避けては通ることができないですし、不特定多数の男性との触れ合いをしていくのですから、ある程度の覚悟をもって対面をしないといけません。
そして、少しでも嫌な表情をして接客などしていたら、お客さんにもその雰囲気は伝わるでしょうから、「お仕事と割り切れる人」でないとセクキャバのお仕事は難しいと思います。

セクキャバとキャバクラに共通するトーク力

セクキャバでいきなり接客をするのは、やっぱりちょっとハードルが高そうだなと思う人もいるかもしれません。
そもそも水商売自体が初めての経験であれば、お酒の相手をしながら接客をする事自体が難しそうだなと考えてしまう人だっているでしょう。
セクキャバもキャバクラも、お酒を飲みながら接客するという点では同じ仕事内容ではありますが、セクシータイムで男性に触れる事に踏み切れないと思うのであれば、まずキャバクラで接客の流れ自体を経験してみるのも良いかもしれません。

男は基本飢えたオオカミと思って接しましょう! 枕営業なんて効果ありません!そしてセクキャバでもキャバクラでも働くことで重要な事としては、男性がお店に来る目的として、「お店女の子を口説きたい」「あわよくばHなことがしたい」などがあります。
本来は疑似恋愛を楽しむ場所ではありますが、中にはこのように疑似恋愛の先を考えて訪れるお客さんがいる事をしっかりと理解する事が重要だと思います。

お客さんをうまくコントロールするには「口説きたいのだけど、なかなか落ちない女」というカテゴリが一番都合の良く、稼げるポジションといえます。
「会話が楽しい」「気配りができる」といった最低限の基本ルールは当たり前として、お客さんに淡い期待、微かな希望をうまく持たせる接客が重要なテクニックになります。

男性としても、「この女性は口説けない」「何度通っても望みがない」などと思われると先に繋がっていかないのです。
キャバクラの仕事はボトルを入れたり、指名してもらうなどの時給以外の売上をしっかり上げないと給料に反映されません。
この点では、基本時給が高く、あまり会話をしなくていいセクシータイムのある、セクキャバの方がコスパはあっているかもしれません。

同じセクキャバでも接客内容は店によって違う

逆に、トークのテクニックはどうでもいい、お酒を飲みながらの接客なんてしたくないという子はハードなサービスのみのセクキャバ店を選ぶという選択肢もあります。
おっパブやランパブなんて言われたりもします。
このような店はセクシータイムがほぼメインになっています。
普通のセクキャバ店より、一人当たりの接客の時間も短く、会話というのは最初のあいさつ程度で、話を膨らませるなんてことは一切必要ありません。
お客さんをただ、Hな気持ちにさせるだけという仕事内容です。

この辺りを加味して、応募する際は、自分ができる接客の能力と許容範囲を決めて求人広告を探して欲しいと思います。